Caliigrphy paper

1.75尺×7.5尺

(約53㎝×230㎝)

画仙紙イメージ連落.jpg

 1.75尺×7.5尺、連落(れんおち)、尺八屏(しゃくはちびょう)は長さに若干の違いはありますが全て同じサイズ(約53㎝×230㎝)を指しており、通称2×8(ニハチ)と呼ばれています。これは公募展などで額装するときに2尺×8尺(約60㎝×240㎝)の額に入れて展示するので2×8(ニハチ)と呼ばれるようになりました。ただし、紙の実寸法で2尺×8尺(約60㎝×240㎝)の紙もございますので、ご購入の際は必ず幅53㎝の2×8(ニハチ)か幅60㎝の2×8(ニハチ)かサイズをご確認の上ご購入下さい。

紙の種類から選ぶ

紙の種類についての説明はここをクリック

紙のサイズから選ぶ

紙サイズについての説明はここをクリック